でかい超望遠レンズ、Canon RF200-800mm F6.3-9 IS USMを購入し開封してみた

カメラ機材

超望遠を買ってみました

これまで超望遠レンズとは無縁だった自分

持っているのはEF70-200mm F2.8 のみで、F1撮るのに100-500mmを借りて使ったくらいです

実はまたF1を撮りにいくし、SUPER GTやSUPER FORMULAも撮りに行きたい欲が出てきまして

その際に望遠レンズを持っていないなと思って予約し購入しました

実際に開封してみた

かなり箱が大きかったため捨ててしまったのですが、中にも結構大きな箱が入っていました

そして箱を開けたところ中にレンズストラップとレンズが入っているのみで、70-200mm F2.8のようなケースはついていませんでした

Lレンズに見間違うかのような白色のレンズですが、これでLレンズではありません

サイドを見てみるとフォーカスリミッターがないのも特徴

分かってはいましたが、無いとなるとやはり不安ではありますね

そして三脚座も固定されており取り外すことができません

100-500mmや70-200mmのように持ち運びの際に邪魔になるかもしれません

そしてCanonの非Lレンズにしては珍しくレンズフードも付いていますが、もちろん内側は植毛加工は施されていないです

R3につけてみた

R3に実際につけてみましたが、結構長いです

伸ばさない状態で35,6cmくらいと結構長いですし、重さも3kgほどあります

サーキットでは一脚をつけて持ち歩きますが、人が多いので持ち歩きも細心の注意を払う必要があります

これとSONY α7RⅣに35-150mmを持ち歩いていく予定ですが、これが入るカバンも買わなければです・・・

懸念点など

懸念点などあるとしたら暗いレンズであるということ

ただそれでもこのコンパクトさには勝てないというのと、100-500mmでも1.4倍のエクステンダーをつけるだけで700mm F10になるので、100-500mmよりは良いのかなと

R3のような低画素機を使えばISOは12800くらいまで余裕で上げられるし問題はない

もちろんなるべくクリアな絵が欲しいが、そうなると明るい単焦点しか選択肢しかないが手が出せない

このレンズを使って必死に試行錯誤して、どうしても単焦点欲しいと思ったら移行すればいいと思う

それまでの練習として使うのはありだ

あとはレンズ表面にコーティングがされていないからゴーストやフレアがどのくらい出るか

晴天のF1やSUPER GTでマシン撮る時などどのような影響が出るかは気になります

もう一つあるとすればフォーカスリミッターがないのもあるが、ピントリングで自分で戻せばいいので特に大きな問題はないかと思う

まとめ

人生で初めて超望遠レンズを買ってみました

800mmというこれまで体験したことのない焦点距離を撮ることができる

自分的にはこのレンズはCanonの良心なのかなと思っている

100-500mmは300mmからしかエクステンダーをつけられないが、このレンズは全域でエクステンダーが可能

非Lレンズなのにフードもつけてくれて、ナノUSMもつけてくれている

通常なら非LレンズはSTMが一般的で、Nikonの180-600mmはSTMだったからこそCanonもSTMで出しても別に良かっただろう

そのなかでもナノUSMで出してきた

SONYもNikonも超望遠のズームレンズを出しているからこそ、ここで負けられないと思ったのかもしれないし王者の威厳を示したのかもしれない

そして嬉しいことにCapture Oneでもレンズプロファイルに対応していましたので、RAW現像も問題なく行うことができそうです

Canonではこれで24mmから800mmまでの焦点距離が揃いました

これで広角があればいいのでしょうが、広角を使う機会はないからこれでしばらくはいいかなと

まだ撮ってはいないのですが、いずれ撮ろうと思っていますのでその際には載せたいと思います

それでは

コメント

タイトルとURLをコピーしました